世界標準になった日本車はThe world standard

クルマ

今や日本車は世界標準となったといってもいいかもしれません。それだけ世界からの信用を得たといってもいいのかもしれません。その安全性は神話のようなものにもなってきてはいました。ですが、車が安全というわけではなく、他の国の車に比較すると安全ということを意味しています。そういった意味では他の国の安全に対する意識があがってくれば当然この神話は崩れていく可能性を秘めているとはいえます。日本車が今のまま世界標準であるためには、この安全性をさらに上げていくことが求められることになります。 そして、今は車が激変していく時代となっています。エンジンがモーターになることで、革命ともいっていいようなことが車業界で起こっています。これによって日本車の世界標準といったような考え方も吹っ飛ぶことになるかもしれません。何しろモーターの車というのはだれにでも作れてしまいます。これまで車を作るのが難しかったのはエンジンを作ることが難しかったからです。なにしろエンジンは圧縮空気を爆発させることで推進力を得るのですから、車というのは爆発物を載せて走るようなものでした。だからこそ、日本の高い技術でないとこの危険な爆発物を安全に動かすことが出来なかったのです。日本の車が世界標準になりえたのもこのエンジン技術のたまものだったといえます。それがなくなってしまうわけですから、これは革命的な変化だといってもいいでしょう。 実際、モーターの車はさまざまな国でさまざまな人が作っています。今では大学の研究室などで作った車も珍しいものではありません。ですから、次の世界標準となるような車がどこの国から出てくるのかはわからないといってもいいかもしれません。エンジンの作成技術では世界を圧倒した日本ですが、モーターの車となるとどうなるかはわかりません。もちろん、日本の技術力は高いですから、モーターの車でも高品質なものを作ることは間違いのないところでしょうが、他の国もいろいろなものを作ってくるでしょう。

世界に日本車の凄さを

今や日本車は世界の標準となっているといってもいいぐらいになっています。世界で車というと日本車を想像する人は 詳細は・・・