運転技術だけでも大きな違いをDriving skill

一家に一台だった車は、今や一人に一台の時代です。若い人から高齢者まで、多くの人たちが車を運転しています。それに伴い、事故も多発し、毎年交通事故で無くなる人は大勢います。車の安全性は年々高まり、運転技術が未熟な人でも、普通に運転することが可能になっています。しかし、それでも基本的な運転技術の違いから、事故の発生率にも大きな違いが生じています。 たとえば、「急」がつく運転、急発進、急ブレーキ、急ハンドルは禁物だということはよく耳にすることですが、しかしそれを守ることができずに事故を起こしてしまうことがあります。車の性能アップが、逆に過信を生んでいるのかもしれません。また、運転技術だけではなく、交通ルールを守らないことによる事故も少なくありません。一時停止をしなかったり、追い越し禁止エリアで追い越したり、また飲酒運転も後を絶ちません。車は常に事故と隣り合わせであり、命に関わる乗り物であることを忘れてはなりません。