車は安全な乗り物かSafe vehicle

クルマ

車は安全な乗り物かというとそうではありません。最近は自動的にブレーキをかけてくれるようなシステムもできていますが、これとて万能ではなく、運転をちょっとだけサーポートしてくれるといったことにすぎないのです。将来的にはどんどんと技術が進んでいくでしょうから自動運転といったようなことも可能となるかもしれません。ですが、完全に安全な車というのができるわけではありません。 車は安全かということについて、飛行機などの移動手段と比較するとわかりやすいかもしれません。飛行機が怖いという人は多いのですが、飛行機の事故と自動車の事故とでは圧倒的に自動車の方が多いのです。これは将来にわたってもそんなに変わらないでしょう。 これは性能や安全性といったこともありますが、交通事情があまりに複雑で事故が発生する要因が多すぎるといったことがあります。そして、人の感覚というのは車のスピードについていかないといったことがあります。人は人が動くスピードに対応して反応するようになっています。つまり人の反射神経はそんなに早くはありませんから、これも事故がおきる要因となります。気づいたときにはすでに事故がおきていたりするのです。将来的には、こういったことも機械で補う技術も出てくるのでしょうが、交通事情はあまりに複雑ですから、すべての運転においてサポートするシステムというのは出来ないと考えていいでしょう。 将来の車は今よりもさらに軽量化されていくとは考えられます。エンジンがモーターに変わったりすることで、かなりの軽量化が出来るのでしょうが、これがどこまで軽量化されても鉄の塊が人の反応速度以上の速さで動くということには変わりはありません。自転車といったようなものでも、さまざまな事故がおきる状態ですから、それよりも早くて、高速で動くものを事故のないように動かすというのは至難の業であるということは間違いないでしょう。これは将来でも変わりません。

運転技術だけでも大きな違いを

一家に一台だった車は、今や一人に一台の時代です。若い人から高齢者まで、多くの人たちが車を運転しています。それに伴い、事故も多発し詳細は・・・